カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

フォルケッタ【キンカン】200g×2枚入り

【部位】
卵黄になる部位(キンカン)まるごと、卵管(玉ひも)も少しお入れしています。

【食感】
キンカンは解凍後、スプーンでラクにつぶせる程度の固形になります。
玉ひもは噛みちぎりにくいので、飲み込める大きさに刻んで差し上げてください。

【特徴】
卵黄の元になる部位の為、深いコクとパーフェクトな栄養価は卵黄と同等です。
卵のストックが切れた時や、その日のメニューに合わせて必要サイズが選べることも
キンカンならではの利点です。
元はブランド卵の採卵鶏さんです。
ぜひ一度お試しください!
少しですが卵管部分はタンパク源としてご利用ください。

***キンカン一口メモ***
玉ひもはキンカン(卵黄部分)+卵管(ひも)のことです。
母鶏のお腹で成長した卵黄は順番に卵管に送り込まれ、
その中で白身と柔らかい殻をまとって産卵時期を待ちます。
ご覧いただきますとおり、廃鶏さんとはいえ、お腹にはまだまだ沢山のキンカンを持っています。
卵管における殻は本来柔らかく、産卵直前におなじみの固さになります。
これはお腹に卵を持った母鶏が、外敵から身を守るために神様から授かった工夫のひとつです。


活性フィルムに200gをお入れしたものを2(1)枚、真空パック外装でお届けいたいます。

こちらも参考になさってください。


★保冷剤 + エアーパッキン密封は標準装備です。
★輸送中の解凍がご心配な方は、発泡スチロール:保冷ボックスをオプションでご用意いたします。
 ショッピングカートをご利用ください。

フォルケッタ【キンカン】200g×2枚入り

価格:

1,026円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 ご返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ご利用方法

‥爐辰燭泙泙両態でフィルムの外側から水をかけ、取り出しやすい程度に表面を少し解凍ください。
 この際、品質劣化の原因になるため、中に水が入らないようご注意ください。

▲侫ルムから取り出さず外側から中身を割る。
 フィルム外側から更に水をかけると、その部分の解凍が進み、
 女性の力でも簡単に割ることが出来るようになります。
 もしくはフィルムから取り出して必要量を包丁などでカットしてください。

I要量を取り出したあとは・・・
 フィルムの外側の水滴をぬぐって(霜の原因になります。)
 内部に空気を残さないようにフィルムの口を折り、再び外装パッケージに入れてフリーザーへ戻してください。
 品質保持のため、フィルムは最後のミンチを使い切るまでご利用ください。

ぬこ封状態であれば表示期限内は加工時のままの鮮度を有しますが、
 開封後は通常の冷凍食品と同様の取り扱いをお願いいたします。


ナンナメッセージ

★シッポちゃんが生で食べるためのお肉です
お肉など生の食材は、加熱・加工によって失われる栄養素があります。
ビタミン、ミネラル、酵素、常在菌…
これら天然のものを摂取することは、基本的な体の力を養い、
免疫力の向上、活性酸素の摂取を減らす、食材力価(波動)の取得などになります。

体が力を得るから、各種疾患への防御、ホメオスターシスの維持、アンチエイジングなど可能になり、
そもそもアレルギーや病気を遠ざける体作りができるのです!!


★ペット用に生産されたお肉ではありません
ヒューマングレード(ヒト用食材レベル)という次元ではなく、
ヒト用の食肉を作る工場で全く同様に生産されたお肉です。

よって、衛生管理者、公的機関の食鳥検査員(獣医)にて1羽ごとの検査をクリアしています。

 ■生体検査
 生体の異常・病気・インフルエンザ感染などをチェック

 ■脱羽後検査
 表面に異常がないかをチェック

 ■摘出後検査
 内臓と体部を検査し、精密検査を行います。


【卵より便利な「卵のタマゴ」ちゃん】
キンカンとは卵になる前の卵黄部分です。
だから「卵のタマゴ」ちゃん♪

大小様々のサイズなのは、毎日産まれる卵がお腹の中で順番に並んでいるからです。
シッポたちが大好きな卵黄だけを、大小様々なサイズでストック頂けます。


【化学物質摂取の違い】
採卵鶏は食肉用の鶏とは全く異なる生活をしています。
最も大きな違いは…ワクチン・抗生物質などの化学物質に対する扱いです。

  採卵鶏も食肉鶏も接種・服用が定められています。
  しかしこれら化学物質は、卵に残留しやすい特徴があるため
  採卵鶏は採卵を始める前の<雛の頃だけ>に投与に限られ
  接種・服用後は<食肉鶏よりも長い休薬期間>が定められています。

休薬期間を終えてはじめての採卵が行われ、採卵中の投薬は原則的に禁止となります。
採卵鶏の採卵が始まるのは生後150日ごろからで
以降2年ほどの間を採卵鶏として働き続けます。

このお仕事を退役した鶏さんが、MammaForzaの鶏さんなのです。


【卵より安全な卵のタマゴちゃん】
簡単栄養メニューとしてとり入れ易い卵ですが、実はその差も千差万別!!
MammaForzaの鶏さんは…
  ・ブランド卵を産む親鶏さんでハイグレードな卵を産んでいました。
  ・鶏さんの品種や殻の色、飼い方、飼料などが異なる親鶏さんが産んだ、
  ・「特殊卵」や「自然卵」と呼ばれる卵のタマゴちゃんです。

フォルケッタはその鶏さんが採卵の仕事終えて、最後の卵になる予定だった
卵のタマゴちゃんなのです。
だからお薬の影響から一番遠いところにあり、安全性は最大級です。


【卵黄と同じ♪】
解凍してそのまま召し上がって頂けば、ちょっと濃い固めの生卵黄です。
加熱されますと、ゆで卵の卵黄よりパサつかずモッチリ食感です。

*使用例*
 火を止めた「ツッパスープおかゆ」の仕上げに潰して溶かせば半熟に…
 高級鍋料理の締めに出てくる「卵おじや」のようになります♪


【採卵鶏だけの希少部位です】
お肉になる食肉鶏は若くして出荷されてしまいますので、
大抵の場合、卵巣や卵管(キンカンや玉ひも)が確立されていません。
(存在していても…
 休薬期間が短いのですから卵としての安全性が守られていません。
 一般に販売されているキンカンを、親鶏の確認をせずに購入されると危険><)

工業的な食肉鶏ばかりの今、希少な部位となりつつあるのがキンカンです。

ページトップへ