カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

活性フィルム採用


マンマフォルツァの品質を最後の最後まで美味しく食べていただけるよう
不要なものはそぎ落とし、必要なものは欠かさずにお届いたします。


★『活性』特殊フィルムで鮮度を保持。

マンマフォルツァには・・・・
人用食品業界でも、まだあまり知られていない特殊フィルムを採用しています。

 食品業界でポピュラーに使用されるフィルムの=原料(ペレット)=に
 生体が心地よさを感じる原子の振動数をあらかじめ転写させたものを
 フィルムの状態に加工してあります。
  
 そのため、フィルムの素材自体は一般的に使用されているものと全く変わりがなく
 『活性』化のための化学薬品等は、一切、塗布・添加されていません。



  **活性フィルムの原理**

  太陽光の一部、遠赤外線の中の『生育光線』と呼ばれる動・植物が心地よく感じる周波数を
  『活性』フィルムが放射します。
    
    『生育光線』は熱を伴わない微弱エネルギーで
    この微弱エネルギーが 食品細胞の元になる原子に作用し
    刺激を受けることで共振・共鳴し激しく運動を行います。

    フィルムに包まれた マンマフォルツァ の細胞を構成する原子は
    刺激→共振・共鳴することで、雑菌防止、ドリップ防止、冷凍焼け防止 など
    冷凍食品にありがちなあらゆる品質劣化のスピードを緩めることが可能になります。


    動・植物が心地よく感じる周波数
     ・・・ 体の良いと言われているマイナスイオンや森林浴などをご想像下さいね。


  ●このフィルムは接触する面積が広いほど効果が高まる為
   マンマフォルツァは<フィルム内にシート状に伸ばす>ことを採用しております。

   フィルムの効果は半永久的のため、少しずつお使いの際は
   必ずフィルムの中にお肉を収めた状態で、最後までお使いください。


  ●電子レンジの強力な電磁波を受けると・・・・
   食材そのものが持つ波動ばかりでなく、活性フィルムの波動も損なわれてしまいます。

   品質を保つために、解凍に電子レンジはお使いいただきませんようお願い致します。



ページトップへ