カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

『なんちゃって』手ほどき


生のお肉を取り入れるとき、気にしたいのは<リン>ですが、
リンとカルシウム比率は1:1〜1:2になるように、
カルシウムをプラスすることでバランスをとります。

嬉しいことに、マンマフォルツァの鶏肉は若鶏ではないためリンの含有量は低め。(^-^)v
ですから微量栄養素の宝庫:クッキアイオ(内臓ミンチ)も使いやすくなります。


たとえば、生の鶏肉各部位100gでのリン含有量は・・・

 ムネ(皮なし)----150mg
 ささみ(皮・脂肪なし)---200mg
 モモ(皮・脂肪なし)----150mg    ですから


コルテッロ(ムネ7・ササミ3 ミンチ)を30g使用すると
 ムネ=21g(31.5mg)・ササミ=9g(18mg) ・・・リン合計40.5mg

セーリオ(モモ6・ムネ4 ミンチ)を30g使用すると
 モモ=18g(31.5mg)・ムネ=12g(18mg) ・・・リン合計49..5mg

アズミラ:カルシウムウィズボロンの1カプセルは250mg ですから
比率保持の為の増量分として、1/5〜1/4カプセルを混ぜるだけ。(←無味無臭^^)
(クッキアイオ内臓ミンチは、もう少しリンが多めになる為
 カルシウムウィズボロンも気持ち多目に。)


あとは30gのお肉が7割程度に見えるよう
残り3割を2,3種類の野菜にすれば良いわけです。(内1割:つぶしたおかゆでも可)
  ・消化力に合わせてゆでる・みじん切り・すり下ろしなど加工方法を工夫してください。

 お野菜が無理なら、NinnaNannaDelicaの大麦若葉や明日葉
 ネコさんならあの『猫草:ニャッパ』を使うことも出来ますね。
 サプリメント(補助食品です!)を使うこと事だってOKです。
 特にビタミンB郡は代謝と解毒のために、いつも多目がベスト!
 アズミラ:BコンプレックスをはじめB郡サプリメントも一緒に使ってください。
 ・ショーキ:天然ビタミン・ミネラルも小粒ながらカルシウム含有量が高く
  こちらも食べやすいためお奨めです。
 ・アズミラ:メガペットデイリーをお使いの方は
 同様にカルシウム強化・ビタミンB群強化として増量なさってください。


フォルケッタ(キンカン)の場合は・・・
生100gの場合で・・・リン:570mg、 カルシウム:150mg が含有されています。
同様の計算でアズミラ:カルシウムウィズボロンをプラスします。


****生肉を使用する際のポイント****

神経質に計算しすぎないこと。

素材が持つそれぞれの含有量は、季節、産地にもかかわり
素材にも個体差(苦笑)ですから、必ず計算どおりにはなりません。
5訂食品成分表は目安として見るものであって
記載されている以外の貴重な栄養素も沢山含まれています。
そして身体は計算どおりの回答を要求していません。(^-^)v

利用する素材を変えること=素材ローテーションが計算上の過不足を補ってくれますから
押さえどころがカルシウムであることと、お野菜分量を増やすことを心がけてくださいね。
ご自身の食生活と同じ・・・・多い日、少ない日があってOKです。
ポイントさえ抑えれば、あとは食材とホメオスターシスが助けてくれます。

冷凍を解凍する際は・・・電子レンジは本来NGです。(←ウェットフードの暖めも同じです。)

 ・コンテンツ<ゴハンのパワー・波動>>にある食品波動が
  電子レンジから発生する電磁波で壊されてしまいます。
  機能性飲料水:バイオスを好むシッポが多いことと同様に
  シッポたちはこの波動値の違いを見抜きますから、自然解凍をなさってくださいね。

   人用食品も本当はそうなんでけれど・・・・・ね。
   自分のものはつい・・・チ〜〜〜ン♪ ><

冷蔵庫内で自然解凍し、その後室温に戻すのがベストです。


***************************************************************************


ナンナ流<最初の一歩@なんちゃって手作りごはん>は
それ以外の足りないゴハン量(栄養素も含め)を、いつものカリカリや缶詰で済ませちゃうところ。
ですからお肉が10gからのトッピングスタートでもOK〜。

必要な消化酵素(フルーツザイム、Dザイムなど)は
すでにいつものカリカリや缶詰でクリア済みですから、こちらも少し量を増やす程度。
特にフルーツザイムなら3大酵素だけでなく
食物繊維や他のビタミン&ミネラルも含有しているため
増量することで一定量を補えます。

  全てを手作りゴハンに置き換えなくても、こんな『なんちゃって』なら簡単です。
  断然お魚派のネコちゃんは、いつものお魚ウェットも混ぜてもらいましょうね♪


もちろん、どの子にも個体差があり
そのときのお腹の空き様で食べっぷりも違えば、気分が違う・・と文句も出ます。
体調で食べ分けますから、季節やお天気も関係します。
そして、食べる方も作る側にも、共に慣れる時間が必要かもしれません。(笑)

でも、ロウフードには認められるだけの力があります。

誰もが気になる ロウフード・・・それほど遠い存在ではありません。
ゆっくりと時間をかけて、楽しむつもりで始めましょう。


  *** ナンナ メッセージ ***

  リンが怖いネコさんたちへ・・

  ★カルシウムの吸収は、常に必要量以外を吸収しないよう腸管が調整しています。

  生のお肉にカルシウムをプラスするのは、不要分のリンをウンチに排泄させるためのテクニック!

  だからリンのことはカルシウムを補うことで、気にせず使えるようになるわけです。

  ★7:3の割合は、厳守ではなく心がけとして。^^

  動物性タンパク質を喜ぶため、増したくなるのが親心です。     

  意識しないと10:0までお肉の量が増えてしまいます♪

  サプリメント併用やお野菜が食べられるようになれば、8:2でも もちろんGood!

  ☆フェレットさんはネコさんと一緒から。

  お腹が緩くなるのは高タンパクを意識し過ぎ。

  酵素が追いつけないことも想定ください。

  また、補助食としての酵素と、ビタミン&ミネラル強化は必須です。

  ☆ワンちゃんはお肉のウェイトを、もう少し下げてくださいね。


本文中でご紹介している副食材やサプリメント他は
本館のDelicaコーナーより通常便専用のショッピングカートをご用意しています。
*ニンナナンナ*玄関口 へも、ぜひお立ち寄り下さいね。